【インタビュー】デザイン技術を身に着けるために入社した井東

東京都内でイベント施工を手がけるトリニティーです。

イベント施工会社というと、イベント現場の力仕事のイメージがあるかもしれません。しかしトリニティーの役割はイベント現場での施工だけではありません。施工で用いる多種多様の物品の製作を行っています。

今回はサイン製作室に所属している井東を紹介します。

「デザインに落とし込む仕事には達成感があります」

―仕事内容は?

僕はサイン製作室に所属しています。具体的には、バックパネルや誘導看板の製作が中心です。看板類のことをイベント業界ではサインと呼んでいます。英語でサインは「看板」という意味ですからね。ただ看板だけではなく、もっと細々としたものをつくるのも大切な仕事です。

サイン製作を行っているイベント会社は数多くありますが、トリニティーでは受けとったデータをただ流し込んで製作するのではなく、元となるデータ作成も行っています。

トリニティーでは、お客様が手ぶらでいらっしゃったとしても、ヒアリングのなかでお客様から出てきた言葉をヒントにして、イメージを形にしています。コミュニケーションを通じて漠然としていたものが、具体的なデザインに落とし込めた時には達成感があります。

「技術が身に着く会社だと思った」

―トリニティーで働き始めたきっかけは?

もともと僕は「デザインに関する技術を身につけたい」という意識が強かったことを覚えています。だから求人サイトを見て、イベント施工に強い東真グループでなら、実践経験を通じて僕が求める技術を身に着けられると考えて入社しました。実際に入社してみると、外から見た以上にトリニティーが手がけているイベントの種類はバラエティに富んでいました。そのおかげで、柔軟で幅のあるデザイン技術が磨かれています。

―入社当初の自分を振り返ると?

最初のころは漠然と働いていたと思います。でも、サイン製作室の仕事は繰り返しが多いので、少しずつ自分のやっていることがお客様にとってどんな価値があって、その価値を高めるためにどうすればいいのか見えてきました。気がつくと、自分で自分の技術を磨いていけるくらいには仕事への理解が深まっていました。イベント業界は刻一刻とトレンドが移り変わります。イベント施工のための製作現場もそれに対応していかないといけません。大変ですが、新しいデザイン技術が身に着く会社でもあると感じています。

「急対応をやりとげることで会社の信頼を担っています」

―今はトリニティーではどんなやりがいを感じている?

サイン製作室がお客様と接する機会は限られていますが、急な要望に応えたときにお客様と一気に仲良くなれることが今のやりがいです。トリニティーではホテルイベントの仕事が多いのですが、特にそうしたイベントでは急な要望の発生はよくあることです。急な要望に応えるられるかどうかは、結局のところ現場のポテンシャルに懸かっているので会社の信頼を担っている実感があります。

確かに、急対応は疲れることもありますが無理と思っていたこともやってみるとできてしまいます。むしろ「やってやったっぞ!」という感触を得られると思っています。

(インタビュー以上)

 

「プライベートの時間に行うDIYでも仕事で磨いた技術が役立っている」と井東は語っています。トリニティーには仕事とプライベートをうまく関連付けられている社員が多くいます。近年、取り沙汰されているワークライフバランスの考え方は様々ですが、トリニティーではバランスというより、コラボさせる感覚が浸透しています。

トリニティーで働いてみたいと思った方は、お気軽にご連絡ください。まずはアルバイトを始めることから職場を知ってみたいという方も歓迎しています。

トップページに戻る

カイシャのこと